女性に増える『いんきんたむし』

女性のいんきんたむし 症状

いんきんたむしは白癬菌(はくせんきん)が股の周辺に繁殖することにより起きる疾患。水虫と同じ白癬菌が原因で起きます。男性のイメージが強いいんきんたむしですが、女性にも起きる疾患です。

 

男女を問わずに生じ、患部に炎症が生じて激しい痒みに襲われるという特徴があります。症状は痒みだけではなく、ときには強い臭いを伴うことがあります。

 

・性器周辺

 

・お尻側や股間

 

・太もも

 

 

などにも痒みなどの症状が現れることがあります。

 

感染の初期では赤くぽつぽつしたものが出てきます。赤いぽつぽつがだんだんと盛り上がって円状に広がってきます。体温が上がることにより、痒みも強くなります。その部分を掻いてしまうと症状は悪化し、色素沈着なども起こしやすくなります。

 

女性のいんきんたむしの原因

女性のいんきんたむしの原因

女性にいんきんたむしが増えた理由として、衣類の変化があげられます。着物の時とは違い、パンティーストッキングやレギンス(スパッツ)といった、体に密着しているものを身に着けることが多くなっています。

 

これらのものは通気性が悪くて蒸れやすいため、長時間身に着けていることで陰部が蒸れて白癬菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

また白癬菌は水虫と同じ菌ですから、感染しやすい菌となっています。そのため、スーパー銭湯や足湯、スポーツジムやプールなどで感染するというリスクもあります。トイレも和式と違って洋式便座を利用すれば感染しやすくなります。

 

いんきんたむしの対策

女性のいんきんたむし 対策

女性だからと油断せず、清潔に保つこと感染のリスクを減らすことが大切です。白癬菌はうつるので家庭に持ち込まないように注意しましょう。温泉やスポーツジムなど、公共の感染しやすい場所を利用するときには注意しましょう。

 

公共のトイレを利用する際は、便座を事前に除菌シートなどで拭き取ると効果的です。備え付けになっていないトイレもまだまだ多いので、外出の際は使い捨ての除菌ペーパーを持ち歩くと良いでしょう。

 

プールや入浴施設を利用したら、洗い流したりキチンと乾かすことが大切。乾かす時間がなかったら、自宅に帰ってから陰部を洗って予防しましょう。

 

清潔にすることが大切です。毎日の入浴やこまめな下着の取り換えはもちろん、汗をかいたら拭く、風通しの良い下着や衣類を身に着ける、などの工夫をしましょう。

 

あそこの臭い、今すぐ消したい!

あそこ 臭い 対策 解消 消臭

あそこの臭いは死活問題…絶対にバレるわけにはいきません。時間をかけてケアしたいけど、今まさに出てるこのニオイはどうしよう!?待ってられないよ!そんな人にはデオドラントグッズの使用がおすすめです。

 

・ニオイを抑える

 

・汗と雑菌を抑える

 

・お肌にやさしい

 

 

という『あそこ』に使うのにピッタリなデオドラントグッズをまとめてみましたので、参考にしてくださいね。

 

▼もうニオイで悩まない♪▼

あそこ 臭い デオドラント用品ランキング

 

>> 【あそこの臭い対策法】  TOP